水晶振動子のオーハタ実業は確かな技術でお応えします

兵庫県の一番南、温暖な気候に恵まれた淡路島に当社はあります。

古事記、日本書紀などの書物に、最初に創られた島という神話の残る淡路島。多くの伝承が残る土地ですが、神戸、大阪に近接した立地条件、そして明石海峡大橋の開通で、流通の便が格段に進歩し、交通の要衝となっています。

そんな淡路島で、当社は創業から20年以上に渡り、水晶振動子の製造を続けています。水晶振動子は、電子機器類の制御装置としての役割があり、人間の体に例えると血流に相当します。電子機器類には欠かせない水晶振動子ですが、特に演算処理機器、映像機器、通信機器に代表される電子機器類の進化・発展のスピードは、より高速化の時代を迎えています。

当社は、創業以来培ってきた確かな技術で、高速化される技術革新、品質の安全性を追及し、社会に貢献する会社を目指しています。

水晶振動子について

imege水晶振動子のコアに使用される水晶は、二酸化ケイ素の単結晶であり、正確な電気信号源として高い信頼性があります。
水晶の性質として、結晶軸方向に圧力を加えるとその水晶面に電気が発生し(圧電現象)、逆に水晶板に電気を加えると内部に歪みが発生する性質(逆圧電現象)があります。水晶振動子は、水晶のこのような性質を利用し、造られている電子部品のひとつです。
用途は様々で、電子機器類、例えば携帯電話などの通信機器、パソコンを代表とするデジタル機器、DVDやテレビなどの映像機器などの重要な電子部品に利用されています。